• サイトマップ
  • 交通案内

地方独立行政法人 広島市立病院機構 広島市立リハビリテーション病院 広島市立自立訓練施設

文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

教育方針

教育理念

看護職が専門的リハビリテーション看護実践を行うための、知識・技術・態度を育成することを支援し、看護専門職として自律し、自らの発展と資質の向上に努められるよう、広く教育の機会を付与します。

継続教育

年間教育計画・クリニカルラダーシステムに基づき、人材を育成しています。年間教育計画では当院の認定看護師やスタッフが講師となり、一次救命処置・認知症ケア・摂食嚥下看護など様々な内容を企画、実施しています。また、当院ではクリニカルラダーシステムの導入を積極的に行っており、卒後1年目の看護師はまとめとして全員ラダーレベルⅠの取得を達成しています。その後も、卒後教育として2、3年目看護職員研修としてリーダー研修、プリセプターシップ研修などを段階的に進めています。

看護学生の臨地実習の受け入れ

当院では、臨地実習の受け入れも積極的に行っています。

・ 広島市立看護専門学校

・ 安田女子大学 看護学部看護学科

・ 広島大学医学部 保健学科看護学専攻

・ 安佐准看護学院

・ 日本赤十字広島看護大学 看護学部 摂食嚥下障害認定看護師教育課程

看護科教育研修

 年間教育計画に基づいて、回復期リハビリテーション看護に必要な専門的な知識や技術はもちろん、救命救急にも迅速に対応できるよう演習を中心に研修を行っています。看護科職員全員を対象としており、看護師や介護福祉士が積極的に参加し活気ある研修会になっています。

 

      看護科教育研修1        看護科教育研修2

                認知症看護の研修のようす                  救命救急の研修のようす