• サイトマップ
  • 交通案内

地方独立行政法人 広島市立病院機構 広島市立リハビリテーション病院 広島市立自立訓練施設

文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

病院長挨拶

西川病院長    広島市立リハビリテーション病院 病院長              西川 公一郎 (にしかわ こういちろう)
 平成30年4月、新病院長として赴任した西川公一郎です。よろしくお願いします。長年急性期病院に勤務した経験を活かし、より良い地域包括ケアシステムの構築、急性期から地域への橋渡しに努めていきたいと思います。
 当院は平成20年4月に広島市総合リハビリテーションセンター、リハビリテーション病院として開設しておおり、今年で10年目を迎えます当院早わかりスライドショーはこちらへ。これまで患者さん・ご家族から厚く信頼され満足度の高い評価を得ており、この良質で専門性の高いリハビリテーション医療を維持し、さらに向上を目指して努力していきます。
 当院と広島市立自立訓練施設はその他の3つの広島市立病院とともに地方独立行政法人に移行して5年目を迎えました。地方独立行政法人化し、病院運営の柔軟性が増し、当院の常勤職員が大幅に増員されました。増員により、休日を含む365日リハビリ体制が整備され、病棟看護体制や医療支援室が強化されるなど、各部署で職員体制の充実を図ることができ、着実に実績を挙げています。

 

 我が国は高齢化率がすでに26%を超え超高齢社会を迎えています。2025年には団塊の世代がすべて75歳を超えて後期高齢者になり、高齢化率が30%を超える見込みです。そこで、厚生労働省は高齢者が住み慣れた地域で自分らしい生活を続けることができるように、地域包括ケアシステムの構築を推進しています。
 当院は回復期リハビリ病院として入院リハビリの充実に努めてきました、その一方で、当院を退院した患者さんに対して訪問リハビリ・訪問看護を実施しています。また、介護保険による訪問リハビリ・訪問看護を実施する体制も整備しました。当院を退院した患者さんや自立訓練施設の利用者さんに対しての外来リハビリの充実に努めています。
 本年度の目標を以下の6項目としています。
1) 急性期病院との連携(円滑な入院の調整)
2) 生活期との連携(退院支援の推進、地域連携パス等地域連携診療の推進)
3) 在宅療養への移行支援(外来リハビリと訪問リハビリ・訪問看護の拡充)
4) 認知症を合併した患者さんのケアの推進
5) 地域リハビリ支援(地域リハビリ活動支援、医療介護連携の推進)
6) 自立訓練施設の利用促進(関係医療機関、福祉施設等との連携強化)
 今後も自治体病院として市民の皆様に信頼され満足度が高いリハビリ医療と障害福祉サービスを提供するために、全職員が心を一つにして取り組んでいきたいと考えています。

 今年もどうぞよろしくお願い致します。

平成30年4月

病院長の紹介

主な診療分野

  • リハビリテーション一般
  • 運動器リハビリテーション
  • 整形外科一般
  • 脊椎脊髄外科

専門医・資格

  • 日本リハビリテーション医学会専門医
  • 日本リハビリテーション医学会認定臨床医
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会脊椎脊髄病医
  • 日本脊椎脊髄病学会指導医