• サイトマップ
  • 交通案内

地方独立行政法人 広島市立病院機構 広島市立リハビリテーション病院 広島市立自立訓練施設

文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

認定看護師

当院の認定看護師を紹介します。認定看護師は、熟練した看護技術と知識により、看護現場での指導・相談・実践を行います。

摂食嚥下障害看護認定看護師
川端 直子 主任看護師      平成22年度取得
川端

脳卒中や加齢などの原因で、口から食べることが難しくなる状態になる場合があります。誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)や窒息、低栄養や脱水などの合併は、生命の危機を起こしやすいといわれています。私たちは対象者の方の安全を保ち、最適な食事の行動や食事環境を考えながら、口から食べるための看護を提供させていただいています。また、退院後の生活についても考慮しながら、食事に関する様々な情報提供や指導などを行っています。今後も看護チームをはじめ他の医療・介護スタッフと協力しながら、口から食べるための看護の充実を目指しています。

 

  • 活動状況
  • 活動日(2日/週)における入院患者の看護実践・スタッフ教育・相談
  • 院内コアナース育成研修主催
  • 院内研修主催
  • 他病院新人看護師研修講師
  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会参加
  • 日本静脈経腸栄養学会参加
脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
山根 ゆかり 主任看護師        平成24年度取得
山根

脳卒中の発症により、障害を抱えての生活を余儀なくされた患者の皆様・ご家族が『その人らしい生活』に戻れる事を目標に看護します。そのために、他職種とも連携し早期から生活場面でのリハビリテーション看護が実践できるように努め、退院後も継続できるリハビリを一緒に考えていきます。また、高次脳機能障害は目に見えにくい障害ともいわれていますが、日常生活に及ぼす影響を予測しながら、生活を再構築するためのケアを実践していきます。また、脳卒中の発症・再発予防のための健康管理が継続できるよう患者の皆様・ご家族と一緒に考えた指導を目指します。

 

皮膚・排泄ケア認定看護師

 

倉本 美和 主任看護師   平成26年度取得

 倉本

ストーマの造設や褥瘡(床ずれ)、創傷によって生じる問題や、失禁などの排泄ケア全般に問題を持つ患者の皆様・ご家族が安心して快適に過ごせるように、ケアの実践と看護師の指導を積極的に行っています。 平成28年度からは「歩くためのフットケア」をテーマに、外来患者様を対象としてフットケア外来を担当しております。たこやうおのめ、巻き爪などにお困りの患者様にフットケアを行うことで、苦痛を取り除き歩きやすくなるためのお手伝いをしていま す。

 


 

認知症看護認定看護師

伊東 有美子 主任看護師  平成28年度 取得

伊東

「認知症」と聞いてどんなイメージを皆さんもたれるでしょうか。脳の機能障害により日常生活に支障を来した状態が「認知症」と言われています。日常生活に支障が生じている状態であっても、心地良くまたその人らしく過ごせるよう、少しでもお力になれたらと思います。また、認知症者を介護する方の負担も大きいため、介護する方の力にもなれたらと思っています。研修での学びを大切にしながら、自分の中にある「認知症看護」をどのように他者へ伝えていくか、実践を通して取り組んでいきたいと思います。

回復期リハビリテーション看護師
白井 亜紀 主任看護師      平成25年度取得
白井

回復期リハビリテーション病棟協会が掲げる「ケア10項目宣言」をより多く「できている」といえるよう日々のケアの質向上に取り組んでいます。H29年度は活動開始して4年目となります。これまで、排泄はトイレで行える、朝夕は更衣を行えるよう活動して参りました。看護師が多職種と協働し、回復期リハ看護が楽しい、やり甲斐があると思えるような職場づくりを目指し、ケアの質向上につながるよう日々活動しています。

回復期リハビリテーション看護師
日高 夕子 主任看護師      平成25年度取得
日高

回復期リハビリテーション病棟では、患者さんが日常生活を再構築するために必要なリハビリテーションを集中的に行っていきます。私たちリハビリテーション看護師は、個々の患者さんの退院後の生活をイメージし、退院後に必要な日常生活活動が向上するように、多職種と協働していきます。患者・ご家族の皆様が、退院後に安心して地域に戻り、安全に、そしていきいきと生活できるよう全力でサポートさせていただきます。