• サイトマップ
  • 交通案内

地方独立行政法人 広島市立病院機構 広島市立リハビリテーション病院 広島市立自立訓練施設

文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

教育方針

教育理念

看護職が専門的リハビリテーション看護実践を行うための、知識・技術・態度を育成することを支援し、看護専門職として自律し、自らの発展と資質の向上に努められるよう、広く教育の機会を付与します。

継続教育

年間教育計画に基づき、人材を育成しています。セラピストなど他職種に講師を依頼することもあり、移乗の技術指導、口腔ケア、摂食嚥下ケアなど、内容は充実しています。身につく学習方法として、講義形式で10%、見たことは15%、体験したことは80%、教えたことは90%と言われており、自己学習したものを各自講師になってみんなに教えていくという方法をとっています。院外研修は広島県看護協会や、日本リハビリテーション看護学会研修会、リハビリテーション協議会研修会など多数参加しています。現在、摂食嚥下認定看護師1名、脳卒中リハビリテーション認定看護師1名、皮膚・排泄ケア認定看護師1名、認知症看護認定看護師1名、回復期リハビリテーション看護師2名が活動しています。

継続教育