• サイトマップ
  • 交通案内

地方独立行政法人 広島市立病院機構 広島市立リハビリテーション病院 広島市立自立訓練施設

文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

 プリセプターシップ

2018年 プリセプティ、プリセプターの声

 

プリセプター2階

 

2階病棟プリセプティ

日々看護業務を行う中で、分からないことや不安に思うことが多くあり、患者さんの命を預かるという看護師としての責任の大きさを痛感しています。

さまざまな場面に悩む中でプリセプターは看護技術、患者さんとの関わり方など、一つ一つ丁寧に指導してくださいます。また、いつも気にかけ声をかけてくださり、些細なことでも相談しやすく、とても心強い存在です。その他の先輩方の支えもあり、このような環境で成長できることに感謝しています。

先輩方のように患者さんの思いに寄り添い、安全な看護が提供できるように日々精進していきたいと思います。

 

2階病棟プリセプター

プリセプターシップを通し、自分の行ってきた技術や知識の再確認ができる良い機会となりました。また、自身の課題も明確になったと思います。

私は、プリセプターを行うに当たり、新人看護師の一番の味方でいるということを常に意識するようにしています。今後も新人看護師とともに成長していくことができたらと思います。

新人看護師の成長を間近で見ることができ、課題を一つ一つクリアしてくれたときは私もとても嬉しく、プリセプターをやってよかったなと思います。

今後も回復期リハビリテーション看護の楽しさを新人に伝えていきたいです。

 

 

プリセプター1階

 

1階病棟プリセプティ

入職当初は自分自身の業務をこなすことで精一杯でしたが、プリセプターに不安や小さな疑問などを相談すると、優しく指導を受けることができ、不安なく実践することができています。

回復期リハビリテーション看護は、患者さんと長期的に関わり、個別性に合わせた看護を行うことができるので、やりがいを感じ始めています。

患者さんに合わせた機能回復や患者・家族の皆さんが望む生活に少しでも近づけられるように、回復期リハビリテーション看護を深め、実践していける看護師になりたいと思います。

 

1階病棟プリセプター

はじめは不安なこともあると思いますが、一つずつ不安や課題を解決することができるようにプリセプターを中心に病棟全体でサポートしています。

回復期リハビリテーション看護は、患者さん一人ひとりに寄り添い、ゆっくり関わることができます。

新人看護師がなりたい看護師像に向けて、回復期リハビリテーション看護の楽しみややりがいを感じて働くことができるよう、一緒に学びを深めて頑張っています。