• サイトマップ
  • 交通案内

地方独立行政法人 広島市立病院機構 広島市立リハビリテーション病院 広島市立自立訓練施設

文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

看護科 理念

ごあいさつ

広島市立リハビリテーション病院 総看護師長 認定看護管理者

増岡 薫子(ますおか かおるこ)

総看護師長の写真
看護科のホームページをご覧いただきありがとうございます。 当院は、リハビリテーション医療に特化した病院として開設10年を迎えました。 リハビリテーション看護の専門性に悩みながら、他職種との協働に葛藤を感じながら過ごしてきた10年だったと思います。 平成27年度の重症患者さんの受入率は40%を、また在宅復帰率は80%を超えて、多くの方に「住み慣れた地域」で「自分らしい生活の再構築」を実現していただいています。この過程でのサポートは、看護師自身のやりがいに繋がっており退職率の低さを物語るひとつの要因だと思っています。 5年前に掲げたビジョン(専門性の高い看護師の育成・主体的に学び自律できる看護師)が、着実に実現できることを確信しているところですが、また新たなステージに向けてビジョンを描いていく時期になりました。「Inspire the Next」・・・これはある企業のキャッチコピーです。私はこの言葉がとても好きなのですが、未来に向かって「創造性」や「革新性」あふれる新たな風を自分自身や自分の周りに吹き込みながら、躍動的な看護科を目指して次の5年を走って行きたいと思います

看護科の理念

私たちは、利用者の皆様の立場を尊重し、「その人らしい生活」の再構築を支援するため質の高いリハビリテーション看護を提供します。

看護科の基本方針

1. 利用者の皆様の自己決定を尊重し、誠意を持った細やかな対応をします。 2. 事故防止に努め、安全な看護を実践します。 3. チーム医療の一翼を担い、専門性の高い科学的根拠に基づいた看護を提供します。 4. 急性期および地域医療との連携を強め、満足していただける看護を実践します。

看護体制

看護の目的を達成する為に組織化を行い、看護方式は固定チームナーシング+継続受け持ち制を用いています。

勤務体制

変則二交替制勤務 (早出勤務 遅出勤務 日勤勤務 夜勤勤務)